pukkariのボチボチいきまひょ

いつか何処かで!?又お会いしましょう!たまには、誰かメールでも下さいまし。
by pukkari
リンク
カテゴリ
以前の記事

<   2005年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

応用理論 ~アチャ子さん

おはようさんです。
アチャ子さんのブログでの応用理論に挑戦しました。

【問題】
実質課税の原則に基づき
資産の賃貸借契約を資産の売買として取り扱う場合がある。
その具体的な規定の内容について説明してください。(20点)

【Ans.】
1.リース取引の場合
 ・売買として取り扱う場合(①~④列挙)
 ・リース取引の意義
2.借地権の場合
 ・土地等の帳簿価額の一部損金算入

どうでござりましょうか??
[PR]
by pukkari | 2005-05-31 07:31 | 法人税

消費上級 4-3, 消費実判③

法人の応用理論出題合戦(?)で頭がウニになっております。
さて、消費も書かねば!

【今回の授業】

国等というのをここへきてやっと!学習しました。
この段階で、新規論点は辛い~。
しかも、演習もなく、久し振りの3時間ぶっ通しの授業だったので
途中から、居眠りモードになってしまいましてzzz
ということで、授業中に全く!理解できませんでした。
復習、復習また復習だな~(>_<)

【消費実判③】

早いもので、実判折り返し。
理論はやっと応用になりました。
計算は、今回は簡易でしたが
とりあえず、納付税額はあっていたので大丈夫かな?

今回は、理論→計算→理論でやりましたが
時間はほとんどあまらずに、理論を最後の5分まで書いていました。
周りの人は、とっても時間があまっていたようなので
とっても焦りましたよ~!

【実判①②返却】

やっと答案返ってきました。
実判①なんて、可哀相に行方不明になってしまったので
先生に職員室で探してもらいました。

実判① ( )内は全国平均
理論:50/50(41.2)
計算:46/50(35.7)
合計:96/100(76.9)・・・4.7%

実判②
理論:49/50(39.3)
計算:42/50(36.3)
合計:91/100(75.6)・・・20.7%

●理論の減点・・・貸倒れの事実を2つしか書かず、その他一定の事実で逃げたら
           △1されました~。
[PR]
by pukkari | 2005-05-30 18:48 | 消費税

法人上級 6-1

今日は組織再編成の補講に行きました。
昨日は、ガラガラだったようですが
今日はまあまあ人が集まってました。
内容は、全体的な復習と、応用理論対策。
去年習った講師でしたが、又今年聞くと改めて納得したりするところもあったので
日曜日早起きして行った甲斐がちょっとはあったかな?

【前回の授業】

前回は待ちに待った改正授業!
どれだけ切り貼りがあるのか。。。ドキドキ。
理サブ5題分の変更がありました。
大きいのは教育訓練費かな?
でも、これは試験研究費に似ているのでなんとかなりそう。

あと、評価損益が民事再生法絡みで大きい改正のようだが
まだ微妙らしく、計算には触れていない。(7月にやるという噂も・・・)
とりあえずは、そんなに多くなくて良かった。(でもまだあるらしい。)
でも、ここへ来て、新規理論覚えるのは辛いな~。
[PR]
by pukkari | 2005-05-29 16:05 | 法人税

頭の体操

昨日に引き続き、今度はステイさんのブログでも問題が出されていたので挑戦してみます。

【問題】
引当金と準備金の相違点(要件、意義など)を列挙してください。

【Ans.】
①引当金は損金経理が要件、準備金は利益処分でもOK。
②引当金は解散・清算中も繰入可、準備金はNG。
③引当金は宥恕あり、準備金は宥恕なし。
④引当金は本法、準備金は措置法。
⑤引当金は期間損益計算から計上、準備金は政策上の理由により計上。
⑥引当金は青色申告要件なし、準備金はあり。

ん~微妙。
といいつつ、バリバリに応用理テキを見ちゃいました。。。
ステイさんのところに答えがでたら、又訂正を入れたいと思います。

◆解答◆
ステイさんのところで、解答発表がありました。
下記の点追加です。

⑦引当金は翌期一括益金算入、準備金は一定の期間に分けて算入
⑧引当金は明細の記載のみ、準備金は申告の記載及び一定書類が必要

勉強になりました。ありがとうございました!
[PR]
by pukkari | 2005-05-27 20:42 | 法人税

応用理論

mayumayusuzyさんのブログで応用理論の出題がありました。
早速TB参加させてもらいます。
(・・・問題を出すのは無理そうですが。。。)

【問題】
法人税法上のみなし役員の意義・範囲について説明して下さい

【Ans】
法人の取締役、執行役、監査役、理事、幹事監事及び精算人清算人以外の者で
法人の経営に従事している次に掲げるものをいう。
(1)法人の使用人(職制上使用人としての地位のみを有する者に限る)以外の者
(2)同族会社の使用人のうち、次の要件のすべてを満たしている者
  ①50%超
  ②10%超
  ③5%超

さてさて~どうでしょうか~?ほとんど理サブ通りなんですが~?
[PR]
by pukkari | 2005-05-26 21:06 | 法人税

消費実判②

今日から!願書の提出が始まりましたね。
私はもちろん!・・・まだ写真も撮っていません。。。
今年は、提出しに行こうかな~なんて考えていたものの、無理無理。
またしても、ギリギリの郵送になりそうです。

番号が早いほうが受かる人が多いって話も聞きます。
それは、気合が入っている人は、提出も早いから?
一昨年はかなり番号が遅かったので、簿記のときは回りがガラガラにすいてました。
隣も前も後ろもいなかったので
集中できて、あれはあれで良かったような気もします。

【消費実判②】

今回は納税義務の判定がキモでした。
納税義務の判定って分割か?合併か?とマタマタ疑心暗鬼になっていましたが
個人事業者の判定でした。
個人事業者はいつ開業しても、課税期間は1/1~12/31
そして、前年度(16/1/1~)は3000万円判定っていう二つの論点がありました。

3000万円判定は、以前上級定例で痛~い目にあっているので、今回はクリア。
しか~し!全然違うところでミスしてます。

店舗兼住宅の売却について。
売却金額には、事業使用割合の30%を乗じたにもかかわらず
売却手数料に乗じるのを忘れてしまいました・・・
講師談によると、このミスは多かったとのことでしたが
あーばかばか。ふー。

次回の実判からは応用理論?
今までの2回は、理論→理論→計算とやっていたけど
次回からは、理論(個別)→計算→理論(応用)になるかな。
[PR]
by pukkari | 2005-05-25 17:29 | 消費税

法人上級 5-5

びっくりした!!
鬼のようなサイクル表が配られた。。。
さっすが、上級!って感心している場合じゃありませぬ。

【今回の授業】

今日の授業は、確定決算型。
で、定例って??と思っていたら
とりあえず、確定決算型の授業をして
そのあと確定決算型の定例試験を計算のみやって、提出ナシ。
理論、頑張って覚えていったのに。。。

応用理論:その他
新規理論:特定信託/確定決算/優良賃貸
計算:確定決算型
[PR]
by pukkari | 2005-05-24 22:24 | 法人税

消費上級 4-2

昨日は、陳さんの麻婆豆腐を食べました。
相変わらず、辛いっ!
一緒に頼んだ、モンゴイカの四川炒めが甘く感じる程でした~。

さてさて、消費の授業は振替えてしまったので
実判は来週まで返ってきません・・・。
でも講師曰く、今年の実判①は第1回目にしては、難しい問題だった。
暦年で一番難しかった、と連呼していた。
でも、『上級生は40点以上とって欲しい』 とも付け加えのように言ってましたけど。。。

【上級演習⑭】

通常60分問題を50分にして
計算から開始して、残りの時間で理論を書く練習をした。
でも50分でもみんな時間あまっていたみたいだったから
40分で設定して丁度いいかも。

【今回の授業】

きました、分割!!やっぱり分かりにくい~。
更に経過措置とかあって、もう私にはお手上げの世界だったりする。
でないことを祈るのみ。。。(-人-;)
[PR]
by pukkari | 2005-05-22 21:47 | 消費税

法人上級 5-3, 5-4

今週は法人の授業を1回休んでしまいました。
しか~し!今週は2回連続の連結の講義なので
今日の授業に出るために、急遽カセット補講になりました・・・。
テープ内容2時間なのに、途中でテープを止めたり、書いたり、考えたりで
聞き終わるまで4時間もかかってしまいました(;_:)

連結は、細かい論点がたくさんあって、去年は難しいのは捨てた。
今年は、授業でやる分くらいは、全部押さえなきゃダメでしょうか。。。

【今週の授業】

計算:連結全般
理論:所得の帰属/使途秘匿金/仮装経理/連結所得

【実判まとめ】

いつの話~?というくらい記憶の彼方ですが
実判⑥も返ってきたので、まとめでも。

今回の実判に臨むにあたって、ブログには書きませんでしたが
自分なりの目標というのを立てていました。
それは『実判の理論は個別なので、必ず満点を取る!』ということでした。
(ちとレベルが低いですが。。。)
最終的には、目標をクリアすることができて、良かったかなと思っています。

また、計算については
今まで気付かずにいた(気付かぬ振りをしていた?)のですが、
『貸引に弱い』という点が判明しました。
一括~はどうでもいいですが、個別・貸倒損失は確実に点を取れるようにしたいです。
実判の計算は、論点を満遍なく網羅しているので
時間を押さえめに設定して、解き直しをしてみようと思っています。
(まだやっていなかったのか!?)

【実判⑥返却】 ( )内は全国平均 

理論:50/50(47.4)
計算:47/50(40.5)
合計:97/100(87.9)・・・5.8%
[PR]
by pukkari | 2005-05-20 22:47 | 法人税

消費実判①

理論ははたして、個別か?応用か?と疑心暗鬼になっていたのですが
なんのことはない、単なる個別でしたね。
ちょっとがっくり。
出来ないくせに、応用のドキドキ感は少し楽しい。
第2回までは個別で~ということでした。

認識している間違い箇所だけUP。

×その他の原価…対応が書いていなかったから、共通対応にしてしまいましたが
           その他売上げ(すべて4%売上げ)に対応する原価だったので
           課のみ対応が正解でした。(配点はナシ)
           Oh~深いな。

×造成費用…非のみ対応にしてしまいました。
        分譲住宅の土地に対するものは
        建物にも対応するため、共通対応が正解でした。

まだあるかもしれませんが、用紙を回収されてしまったので良く分からないのですぅ。。。

計算については、平成14年の本試験にちょっと似ている問題とのことでした。
簡単そうに見えて、なかなか色々な論点が入っていて良問と思いました。
今回の問題は時間に余裕アリ。
時間的には、1時間40分を目安に・・・とのことでした。
[PR]
by pukkari | 2005-05-19 12:26 | 消費税


ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧